Concept

Kanranには同じつくりの棟が二つ並んで立っています。
向かって右手の棟は「dawn」左手の棟は「dusk」
dawnは夜明けを、duskは夕暮れを意味します。
一日中、太陽の光に恵まれた荘内半島オリーブ農園のイメージから名づけました。

これらの棟は、内装は同じですが、ほんの少しだけコンセプトが違います。
「dawn」はファミリーでの滞在をイメージ。
2.5人掛けのレザーソファを中心に、団欒を想像させるしつらえとなっています。
「dusk」はカップルや夫婦での滞在をイメージ。
セミダブルの一人掛けソファとロッキングチェアで、少し落ち着いた大人の滞在を想像させます。

いずれも主要な設備(キッチン、バス、トイレ、ベッドルーム)は共通化しつつ、リビングのアイテムによって違いを演出しています。

■Construction drawing■